• 美白化粧水の効果とは

    そもそも化粧水はスキンケアの基本で、洗顔後や入浴後には乾燥してしまっている肌を保湿する役割があります。

    そして、肌の状態を良くすることで、その後につける乳液や美容液の浸透力を高める効果があります。

    化粧崩れを防いだりメイクの持ちを良くする役割もあるので、普段からスキンケアに欠かさないようにすることをオススメします。化粧水にはいくつか種類があって、中でも美白化粧水は美白効果があるものです。

    シミやそばかすをケア・予防したり、くすみがちな肌に透明感を与えたり、色素沈着による黒ずみやニキビ跡などを消してくれたりと女性には嬉しい効果ばかりです。


    ただ、一瞬で肌を白くするとか元の肌色より白くする効果はありません。

    便利な化粧水の美白情報について詳しく解説しております。

    美白化粧水で肌が明るくなる理由はその成分がメラニン色素の生成を抑える効果を発揮してくれることで、特に厚生労働省が認可した美白成分がより効果的です。
    ビタミンC誘導体はビタミンCを肌に吸収しやすくしたもの、シミの大元となるチアシナーゼに働きかけるアルブチン、米麹から発見されたメラニン色素を抑えるコウジ酸、抗炎症作用のあるトラネキサム酸やプラセンタエキスなどの成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。



    やはり年齢を重ねていくにつれて肌のターンオーバーが遅くなっていって、シミなどが色素沈着しやすい肌になって老けてしまうので、いつまでも若々しく新しい肌を作り出す力をサポートする為には美白化粧水は必要不可欠と言えます。